HOME > 就活対策 > 【絶対受かりたい!】広報の志望動機の書き方

 

【絶対受かりたい!】広報の志望動機の書き方

採用担当者が合否を判断する際に、大きなポイントとなる志望動機。
志望動機は「なせその会社に就職・転職したいのか」ということを踏まえて書かなければいけません。
また、応募した会社へ特化した理由を書くこともキーポイントになります。

「就職したい理由」をしっかり押さえておき、その会社で目標を実現する必要があることを明確に書いておくことで、他の求職者との差別化を図ることができます。

採用担当者が是非面接を行いたいと思わせる志望動機にするには、しっかりと入社したい企業を調べておくことも大事です。
前職の経験を生かしたいから、または広報という仕事で会社の強みを世間に知らせたいからという理由だけでは、平凡すぎて採用担当者に響きません。
採用担当者は「具体的にどんな仕事をしたいのか」「どんなことができるのか?」「なぜ応募してきたのか」などを志望動機に求めています。

採用担当者が志望動機に求めている内容
興味・価値観・強み
将来のビジョン
企業にどのような貢献ができるのか

「前職の経験があるから応募した」「広報の仕事に興味があるから応募した」といった志望動機を書く人が多いのですが、もっと具体的に書かなければいけません。
興味や前職での経験を応募した会社でどのように活かせるのかというところまで具体的に書いたほうが、採用担当者にアピールできます。

広報の志望動機の例文

こんな方の場合
20代後半男性、元デザイナー
前職は広告代理店のデザイナー兼ディレクター
広報・宣伝(PR)へ応募

志望動機の例文

御社では広報・宣伝を募集されているということで、得意とする宣伝(PR)の仕事を活かせると思い志望しました。前職では紙媒体・Web関係のデザインを担当していました。デザイン業務だけでなく、クライアント様とどんな広告展開をしていけばいいのか、どんなメディアを使っていくかなど宣伝方法のコンサルも手がけていました。また今後重要視されるWebでは、SEOの知識やホームページの解析の勉強のために現在でもセミナーに通って勉強中です。前職の経験を生かし、御社の製品・サービスをたくさんの人たちに認知してもらえるように努めてまいりたいと思います。

広報の求人情報は求人サイトかエージェントを活用しましょう。

広報で働くには求人サイトやエージェントに複数登録するのが一番の近道です。
会員登録は無料なので、複数の求人サイトに登録をしてたくさんの求人情報をGETしましょう。

ビズリーチ・ウーマン【エージェント】

管理職を目指すキャリア女性のための会員制転職サイト

ビズ・リーチウーマンは一般的に情報が出回りにくいハイクラスで良質な求人情報を集約しています。国内外の優良企業・成長企業が約2,500社掲載しています。女性に人気のある広報の求人情報も多数掲載しています。

公式サイトへ

キャリアトレック

人工知能があなたに合った最適な仕事を選んでくれる転職サイト

独自開発した人工知能があなたにオススメの求人を探してくれます。使えば使うほど学習してあなたに合った求人を紹介してくれます。
スマホアプリもあるのでいつでもどこでもスキマ時間に転職が可能です。

公式サイトへ

とらばーゆ【女性のための求人サイト】

女性に人気の職種を多数掲載した女性のための転職サイト

女性を積極的に採用する企業の求人情報が満載の転職サイトです。経験者から未経験者採用OKなど幅広い情報を取り扱っています。IT系や美容、アパレル系企業の広報求人情報が満載です。

公式サイトへ

リクナビNEXT【転職サイト】

リクルートが運営する豊富な求人数を誇る転職サイト。

転職を考えている人はまずは無料登録を!圧倒的な求人数を誇る転職サイトです。広報の求人も職種が豊富で、あなたにマッチした求人が見つかるかも!広報経験者だと、企業からオファーが来ることもあります。

公式サイトへ

リクルートエージェント【エージェント】

転職成功実績No1!業界トップクラスの求人数を誇る転職支援サービス

リクルートが運営する転職支援サービス。各業界に精通したアドバイザーが転職までサポートをしてくれます。リクルートエージェントの求人は一般の転職サイトでは掲載していない非公開求人を9万件以上持っています。

公式サイトへ

PAGE TOP